カンボジアーず③

 

カンボジア紹介シリーズ第3回。

前回はカンボジアと日本で違う「へえー」なポイントをお伝えしました。


さて今回は…

皆さんはカンボジアと言われて何か思い浮かぶでしょうか?

きっと、世界遺産「アンコール・ワット」などの仏教寺院を思い浮かべる方が多いのでは。カンボジアは一部の少数民族を除いたほとんどの国民が仏教徒であると言われています。


ちなみにこちらがアンコール・ワット▼

↑仏教寺院といえど、日本のお寺とはずいぶん雰囲気が違う感じですね。


私たちが思い浮かべる有名なお寺といえば修学旅行で毎度おなじみの「奈良の東大寺」でしょうか。

こちらが東大寺▼


みなさんも修学旅行で見たことがあるあの巨大な大仏様が納められた東大寺の大仏殿は、まさしく大仏様(だいぶつよう)という建築様式。中国大陸由来の建築様式です。


一方のワンコールワットはインド由来の建築様式だそう。東大寺は荘厳な感じですが、アンコールワットは東大寺よりも雄大でワイルドな自然美を感じられる造りですね。どちらも素敵^^


▽まめ知識

一言で「仏教」といっても、日本は「大乗仏教」、カンボジアは「上座部仏教」と言われ、建築様式の由来がちがうのと同様に伝わり方や解釈・戒律が大きく違います。ここに書くと長くなってしまうので…気になった人は違いを調べてみてください^^



さて今回のメンバー▼

ウィンちゃん。29歳。勉強家。

なぜかひとりだけ「ちゃん」付けで呼ばれる愛されキャラ。

デフォルトで笑顔。そして口調も優しいので、思わず相手もほっこりしてしまうのです。(尋常じゃないくらいアロハ似合ってるな)


ウィンちゃんは只今婚約中。コロナの状況が少しでも落ち着いて、結婚式をあげられる日を心待ちにしているところです。

世界中の新婚カップルがこの状況を乗り越えてすばらしい家庭を築いてほしいと切に願ってしまう今日この頃ですね。


今回は仏教大国カンボジアの情報をお届けいたしました♩