実習生と富士山

 

出張の帰りに出会った立派な富士山♪

青空と富士山のバランスが絶妙な一枚!


みなさんの記憶にもまだ新しいかもしれない、富士山の世界遺産いり。ちなみに世界遺産として登録されたのは2013年。あれ?もう7年も前なんですね。(時がすぎるの早すぎる…怖い)長らく世界遺産の選考外の時をすごし、ようやく登録された悲願の山です。ちなみに日本の他の世界遺産は外務省のサイトから確認できます。われらが岐阜県の合掌造りも有名ですよね。


そんな富士山に遭遇した、カンボジアの実習生3人組。日本人でもなかなか巡り合えない綺麗な富士山だよ、ラッキーだね♪

ちなみにそんなカンボジアの世界遺産は3つですが、そのすべてが寺院遺跡。さすが仏教大国ですね。結屋のカンボジア実習生も、体にお守りを巻き付けていたりと、みんな若いのに信心深いご様子。(※お寺でお坊さんにお祈りをしてもらったミサンガの長いバージョンみたいな紐をお腹に巻いてて、チラ見せしてくれました。名前教えてもらったけど、発音が難しくて覚えられなかった・・・)



そしてもう一枚、別の出張先での写真。

エモい。(使い方あってますか?エモい)

ちなみに彼は本気の薪割りを披露してくれたあの人です。なんか撮られ慣れてきている気がしますね。才能を感じます。


それでは♪