秋田出張 その①

 

ある秋の日の朝・・・北へと旅立つ男たちの姿がありました。この中部地方でもすっかり冬の気配に包まれだしたというのに、あえて今、北上するその心とは?そう、世間ではそれを「出張」と呼ぶ…。

というわけで、今回の出張は結屋史上2番目に遠い出張先、”秋田”です。


ちなみに今までで一番遠かった出張先は…?

答えは中国☆(その中国出張行くのに財布を忘れた人もおりました)


さて、それでは秋田出張のことを書いてゆきますね^^

まずはこちらをご覧ください▼

え~・・・見ての通りでございます。結屋株式会社から今回の現場である北秋田市まで、Google先生に聞いてみたところ、見慣れないサイズ感の地図(もう島国日本の地形が分かってしまうサイズ)で表示されました。赤い〇で囲った部分には、車で10時間38分、そして804kmというこれまた実感が湧きづらいスケールの距離。


飛行機マーク2時間55分の文字が気になるところですが、建方工事には多くの道具や安全装置が必要になるため、意を決して荷物を積み込んだワゴン車で秋田まで向かいます。心配する居残り組をヨソに、さっそうと出発した出張チームでした。


運転するのは我らが番頭、ヒロトくん!

朝早くに出発した彼が「あと200キロです・・・」と会社に一報を入れてくれたのはもう14時をまわった頃。200キロって関から大阪くらいまである…。秋田へ到着したと連絡が来たのはそれから3時間後。もう、外は暗くなっていました。お疲れ様だよヒロトくん(感涙)


そんな彼らから届いた写真がコチラ▼

さっそく名物食べてるところがほほえましい。皆さんこちらご存じでしょうか?秋田の有名な郷土料理といえばやっぱりこちら「きりたんぽ」ですよね♪

きりたんぽ(切蒲英)とは、つぶしたうるち米のご飯を杉の棒を先端から包むように巻き付けて焼いたたんぽ餅を、棒から外して食べやすく切った食品。秋田県の郷土料理。鶏(比内地鶏)がらのだし汁に入れて煮込んだり、味噌を付けて焼いたりして食べる。 wikipedia参照


そして最近恒例になっているこのシリーズ

「出張先でエモい写真をとるチャレンジ」▼

↑新人・ハルキ ↓番頭・ヒロト

チャレンジ成功か否かは皆さんのご判断にお任せいたしますw

ちなみにこのチャレンジはしばらく出張のたびに行っていきますので、皆さんお楽しみに!


さてさて、道中編でその①が終わってしまいました!

次回はその②をお届けいたします☆