雪。*+

 

今年の冬は去年よりも雪が降るなあ~と感じる今日この頃。

確かに、去年はスタッドレスを無駄にすり減らしただけなのでは・・・と思わず考えてしまうほど降雪が少なかったですね。一方、今年は「おおー降ってるなあ!」という日がチラホラ。


とはいえ、やはり雪かきが必要なほど積もることはない関市街。雪かき作業とは縁遠い私たちですが、今回の現場、軽井沢では山岳地域の洗礼をたっぷり受けました。笑




こちらが仕事で訪れた雪化粧の軽井沢▼


このように風景として眺める分には趣深く美しい雪景色ではありますが、現場で作業するとなればまったく別の話であり・・・突然、脅威として認定される雪という存在。


仕事はまず、雪かきから・・・


豪雪地域で生活される方の苦労をにわかに体験する運びとなった今回の現場でした。実際、日本ではもっと雪深い地域に暮らす方々もいるわけですから本当に驚きですよね。


そうして無事に躯体工事が完了▼



余談ですが、普段の仕事に加えて雪にも翻弄された親方と職人さんは、しおっしおになって帰還いたしました。いつか避暑に訪れて、施工した物件を万全のコンディションで見学してみたいですね。ほんとうにお疲れ様でした。


怪我無く無事に施工が完了したのはもちろんですが、出来に関しても、元請様から非常に高評価をいただけたとのこと!大変嬉しく、励みになります。建築に携わる私たちは、雨や雪、台風などの天候とはずっと付き合ってゆかなくてはなりません。今回の経験もきっとこれからの現場運営のためにいかされることと思います。お声をかけていただき、このような経験をさせていただいて感謝です。


以上、「山岳地帯の雪、甘く見たらダメ」の巻でした^^